スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
ご無沙汰しております。
どれだけぶりでしょうか?久しぶりにこのブログにログインしてみました。

すると、全く更新していないこのブログに、結構な数のコメントがきていました。
正直、うれしかったです。
こんな、もう古びたブログを読んでくださり、コメントしてくださることがうれしいのです。

批判的なコメントもありますし、昔の自分なら精神的に動揺してしまうようなものもありますし、
私に向けて書いているようで、ご自身に向けて書かれているようなものもあり、みなさんさまざまです。

全部読みました。
どれも、うれしいです。

ただ、もうこの自分で書いたブログを読むことのない私には、いまさら何を承認の基準にしてよいのかわからず、
ひとつ承認したところで手が止まってしまいました。

どうか悪く思わないでください。
もう、私には、ブログを書いていた当時の基準が思い出せないのです。

「その後」を書こうかな、と思ったこともありますが、まだ、「その後」は完結していません。笑。
やはり、些細な問題ではなかった、ということなのでしょう。

今の私について、少し書いておきます。
私はもう、マクロビオティックは、これっぽっちも信じていません。
どこまで書いたか忘れましたが、私も結婚して母親にもなりました。
やはり遺伝なのでしょう、子供にもアレルギーはありますが、一般的な医者の指導のもとで気長に治療を続けています。
その意味では、マクロビオティックは、もう過去のものとなっています。
まして、細かい教義(?)考え方(?)については、議論する気も起こりませんし、
「本当のマクロビオティックはこうじゃない」と言われても、「ああ、そうですか」と返すだけです。
マクロビオティックがどんなにすばらしい内容のものに変化したとしても、
マクロビオティックという名前がついている以上、私が信じたり実践したりすることはありません。

母親とは、冠婚葬祭以外はほぼ会いません。遠方に住む親戚のおばさん、くらいの付き合いです。
母親のことは、きっと今でも好きだと思います。
でも、このブログに書いたことの責任は、やはり母親にあると思います。
最愛の母親が被害の原因であるという事実、今となってはこれが一番しんどいかもしれません。

ただ、誤解してほしくないのは、以前も書いたと思いますが、
母親だけが悪かったかというと、そうではないとも思います。
嫁姑問題で母親に負担をかけた姑、それをケアしなかった父親。
マクロビオティックに妄信して暴走する母親を止められなかった父親。
当時すでに健康被害が出ていたのにマクロビオティックを体系化し広めた指導者。
母親にマクロビオティックを勧めた母の友人。
それから、それから・・・。

全部は書けませんが、さまざまな要素が結集した結果だと思います。
でも、やはり、最終的な責任は、母にあるのです。

母には、何年か前に、このブログに書いてあるようなことを含め、思っていることの1万分の1くらい話しました。
全部話したつもりはありませんでしたが、それでも、母は受け止めきれなかったようです。
母には、疎遠であること以外には、とくに何も期待していません。
よくある仲良し母娘というのは、無理でしょう。
距離をとった付き合いしかできない、それはもはや仕方のないことだと思います。
このように書くと、○○すべきだ、と「助言」する人が少なからずいて面倒なのですが・・・。
今後、母がどうするのか、私がどうするのか。
それは、簡単には解決しないでしょう。
それだけのことが起きていた、ということです。


もう、私は、自分が何年も前に書いたこのブログを、読むことはないでしょう。
だから、自分がどれだけ変わったのか、変わっていないのか、それはわかりません。
ときどき、こういう形で気まぐれに更新することもあるかもしれません。
でも、基本的には、もうこのブログは、当初のような仕方では、書くことはありません。
ただ、特に問題が起こらない限り、公開したままにしておこうとは思います。
どこかで、誰かが読んで、何かを思う。
その出会いは、素敵だと思います。

では。


スポンサーサイト
【 2012/01/11 11:13 】

未分類 | コメント(8) |
| ホーム | コメントについて>>
コメント
--- ありがとうございます ---

マクロビに興味を持ちはじめましたが、子どもとマクロビの関係はどうなんだろう。と検索し、ほとんどの記事を読ませていただきました。

たいへん参考になりました。

厳格なマクロビはきっとできないし、しないと思いますが、(外食の機会が多い家族なので)子どもにどんな食事を提供するのか、私なりに考え、実践していきたいと思います。
pote * URL [編集] 【 2012/02/03 11:33 】
--- はじめまして ---

少し前に、マクロビの教室に行き、何となく好きなものだけ実践しています。
もともと漬物や味噌汁は好きだから、糠床を作ってお味噌にも凝って…でもお酒は楽しみ続けています(笑)。割りとゆるやかな教室で、たまにちょっと楽しむ程度なら動物性のものも…というカンジでしたので。
ただ、その教室で貰った知識を友人知人に喋っていた時に「でもマクロビ被害もあるって知ってるの?」と、尊敬する年上の方にコメントをいただいて…
「マクロビのデメリットの存在も知らずに他人に得意気に私は喋っていたのか!?」とハッとしたのをきっかけに…先ずはネットからと「マクロビ被害」で検索して、りほさんのブログにたどり着きました

日記は最初から全て拝読させていただきました

とても考えさせられた日記の数々でした。


マクロビについて自体よりも、他人との付き合いかたや違う考え方に対しての意識や対応に関して…りほさんがとても丁寧に考えていらっしゃるのが、文章から伝わってきて、温かい涙が出てきた場面もありました。


ちょうど対人関係で悩んでいる今時期にりほさんのブログと出会えたのは偶然ではないように思えます。


マクロビに限らず、得た知識に対して、他人の考えに対して、様々な角度で丁寧に対応することが大事ですね


ありがとうございました。
水織 * URL [編集] 【 2012/03/22 15:24 】
--- 応援しています! ---

頑張ってください!
弁当おやじ * URL [編集] 【 2012/05/01 22:17 】
--- ---

興味深く読ませていただきました。特に親離れの過程について自分と照らし合わせて懐かしく、共感できる所もあり考えさせられました。公開を続けておいてくれて有難うございます☆ステキな人生を!
(いつかこの文に気づいて貰えるかな…?)
ゆあとも * URL [編集] 【 2012/06/01 08:01 】
--- マクロビオテックではないんですが・・・ ---

先日、twitter経由で他のブログ→りほさんのブログにたどり着きました。
ここ何日かでいっきにすべての記事を読ませていただきました。
なんといっていいのか、、、日記を書いていただき本当にありがとうございました。

私はマクロビを実践しているわけではありません。
友人がアトピーを治すために厳格にやっていて体調不良になり生理が来なくなった話は聞いていました。
私は、生野菜を食べないというのがどうしても納得いかなかったです。

去年の震災後、極度のストレスで体調を崩してから食を見直すようになり、自分なりにいろいろ調べて、動物性食品を取るのをやめて1日2食で朝は野菜ジュースにしたところとても体調が良くなり、今に至っています。(私の場合は動物性のものは健康のためというのもありましたが、それよりも家畜の実態を知り動物愛護の気持ちから食べなくなった部分が大きいです)

それからはさらに有機野菜を宅配で取るようになり、でも有機は肥料によっては窒素が多くなり体に良くないというので自然栽培のお野菜へ移行。そうなるとお値段も張るし、食費だけでいっぱいいっぱいになり買いたいものも買えなくなってきました。

これでいいのだろうか、、、
そう悩んでいた時に、りほさんのブログを見て自分の行動を客観的に見ることができ肩の力が抜け、とても楽になりました。

そして他の面でもそうですが、私が調べて正しいと思ったことを人に伝えているのにどうして、なんでみんな解ってくれないんだろう、理解してくれないんだろうとずっと思って(悩んで)いたことも、りほさんのブログであっさり解決(笑)しました。
自分の考えを押し付けているつもりはないのに実際は恩着せがましく押し付けていたという事実・・・・汗
やっと相手の立場に立って考えることができました。こんな私では、そりゃ友人たちは心配するし音信不通になるし、何かの宗教に入ったと思われるわな~と妙に納得しました。

本当に感謝感謝です。
とても良い機会を与えてくださってありがとうございました^^
少しでもお礼がいいたくてコメントさせていただきました。
yann * URL [編集] 【 2012/07/15 10:11 】
--- ---

はじめまして。
知人がマクロビオティックに似たような食事法をしていまして、
そのお子さんもそのように育てているので、給食になったらどうするのかなぁとか子供はどう思うのかなぁとか、思って検索したらこのblogにたどり着きました。
知人は大人になって最近始めたのでそれまでは普通に焼き肉等も大好きで行っていたようですが、今は自分も食べないし、家の食事にも肉は出さないそうです。
こちらのblogを拝見してやっぱり経験としても子供には色々食べさせたいなぁと思いました。

また親に関してですが…
私も親が一生懸命私に頑張ってくれたことはわかるのですがその方向性として、いまでも納得できない、許しきれないことがあり
でも許せないことは許せないことでいいのかなって思いました。
いまだに許せないなんて心が狭いと思って葛藤してますが、その事はその事で受け入れて、いまの関係を築いていけばいいのかなって思いました。

長々と感想になってしまいましたが、とてもよいblogに出会えました。
ありがとうございました。
みち * URL [編集] 【 2013/01/27 13:39 】
--- 大きなトラウマですね… ---

食べることは、生きるために必要であると同時に、楽しむことだと思っていた私にとって、このブログの内容は衝撃でした。

食事を楽しむ人を観ながら、自分は食事も味も楽しめない日々…長い苦痛でしたね。

今は、新しい味との出会いを楽しんでいらっしゃるのでしょうか?

そうであって欲しいな…と思っています。
ルイ * URL [編集] 【 2013/02/15 11:27 】
--- ---

初めまして。とても読みやすく心にスルッと言葉が入ってくるようで、一気に全部読んでしまいました。
私がここに辿りついたのは「震災後"米のとぎ汁乳酸菌"で体内の放射能を除去するというのが一部で流行っているが、実際は雑菌を自家培養させているだけなので親がやるのは勝手だが子供に摂取させるな」というエセ科学の批判記事で、子供時代ホメオパシーやマクロビの被害にあった方のブログとして紹介されていたからです。
私はマクロビとは無縁で最初は興味本位だったのですが、家庭環境が似ていたため感情移入して読んでしまいました。
りほさんがいま幸せでいられている様でこちらまで嬉しいです。また気が向いたら更新しにいらしてください。
るい * URL [編集] 【 2015/09/04 03:16 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。