スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
最後の砦
詳しく書いたところもあれば速く通り抜けたところもあり、ムラだらけの文章でしたが、わたしの学生時代が終わるまで、これでおしまいです。


でも、本当の解決に至るまでには、まだいくつかの心的過程を経なければなりませんでした。


その中で、一番重要だったこと。


「終わり」に至る前に乗り越えなければならなかったこと。


それは、ひとつ・・・・・「諦める」ことでした。


続きを読む
スポンサーサイト
【 2008/12/31 09:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(6) |
第087話 公聴会で
卒論公聴会の日。


公聴会といっても、来るのは友達や後輩、そして審査をする教授たちだけだ。


続きを読む
【 2008/12/30 09:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(0) |
第086話 価値基準
卒論を書くときに一番困ったのは、スタンスだった。


どういう距離感で、どういう態度でマクロビオティックと接していいのかが、一番難しかった。


それは、卒論という課題に限らず、わたし自身がどういうスタンスをとるのか、という問題でもあった。

続きを読む
【 2008/12/29 15:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(0) |
許すということ
複数の方にコメントなどで「お母さんを許してあげてほしい」という趣旨のメッセージをいただいて、ふと考えていると、時間がたってしまいました。


今日はちょっと寄り道して、そのことについてお話したいと思います。


続きを読む
【 2008/12/25 15:00 】

コメント返し | コメント(3) |
第085話 見たくなかった事実
卒論でマクロビオティックをテーマにするにあたって、わたしは本を集め始めた。


続きを読む
【 2008/12/17 12:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(13) |
第084話 暗黙の了解
卒論でマクロビオティックを扱うことについて、わたしはまず宗真に相談した。


続きを読む
【 2008/12/14 15:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(0) |
第083話 解け始めたパズル③
自分の悩みがマクロビオティックにあるのではないかと気づいたわたしは、あることを心に決めた。


続きを読む
【 2008/12/10 08:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(2) |
第082話 解け始めたパズル②
宗教について勉強してみようか。


ここからはじまる日々は、大変だったけれど、今振り返っても輝かしく見える。


続きを読む
【 2008/12/08 06:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(2) |
第081話 解け始めたパズル①
わたしの悩みの種は、おそらく潜在的にはマクロビオティックのことだったけれど、当時の現実の問題として、進路と卒論が問題だった。


進路を現実的に決めるだけでなく、就職活動をするにしてもそれ以外の道を歩むにしても、実際に動かなければならない時期だった。


続きを読む
【 2008/12/05 08:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(0) |
第080話 運動と過食
大学で健康に関する講演会をやっていたので、聞きに行ったことがある。



その中である先生が、科学的なデータを示しながら、「食事も大切だが、運動の方が大切だ」と話していた。


食べすぎなどで多少太っていても、運動している人は、太っていないけれど運動していない人より、病気にかかる率が低いらしい。

続きを読む
【 2008/12/03 12:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(0) |
第079話 高度な食文化との出会い
動物性食品と砂糖を食べないとするならば、ファーストフード店に行くことはできない。


だが、同時に、特別な対応をしてくれるところなどを除けば、高級レストランや料亭にも行くことはできない。


続きを読む
【 2008/12/01 12:00 】

わたしの過去~学生時代~ | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。